2012年12月28日書店発売

中上健次 著

物語を決潰する小説の「奇蹟」。輝く生命の頂点で潰えていく中本の一統の物語を描いて、近代小説の語りを根底から揺るがし、新たな頂点をきわめた傑作二篇収録。
作家自身の関連エッセイ、阿部和重の書き下ろし解説50枚、解題等収載。片観音二色口絵に創作ノート、荒木経惟による著者写真。月報32頁付き。

 


目次
 
千年の愉楽
 半蔵の鳥
 六道の辻
 天狗の松
 天人五衰
 ラプラタ綺譚
 カンナカムイの翼
 
奇蹟
 
文学を発信する
毒虫ザムザ


解説 流血と清流──そして/あるいは失禁という「奇蹟」 阿部和重
解題 高澤秀次
校異


月報内容
 
北島敬三 『奇蹟』によせて
津島佑子 アニ中上健次の夢[再録]
紀和鏡  夢の回路──中上健次と私[連載1]
その他写真、資料収録

「中上健次集」全十巻の概要はこちら