2013年4月26日書店発売

中上健次 著

単行本未刊行「宇津保物語」に「重力の都」他重要短篇八篇を収録した決定版
 
物語の重力を呑みこみつつ、うつほの〈外〉へと跳躍する、終わりなき文学の核心部を収録。物語の毒と愉楽を満身に浴びて繰り広げられた闘争としての小説「宇津保物語」「重力の都」。いまだ汲み尽くされることのない、小説家中上健次の可能性の中心を一巻に収める。
作家自身の関連エッセイ、安藤礼二の書き下ろし解説30枚、解題等収載。片観音二色口絵に創作ノート、「ふたかみ」生原稿、著者写真。月報20頁付き。

 


目次
 
宇津保物語
 北山のうつほ
 あて宮
 吉野
 吹上
 梨壺
 波斯風の琴
 
重力の都
 重力の都
 よしや無頼
 残りの花
 刺青の蓮花
 ふたかみ
 愛獣
 あとがき
 
吉野
羅漢
神坐
臥龍山
藁の家
幻火
女形
吉野
 
宇津保物語と現代


解説 「うつほ」からの響き 安藤礼二
解題 高澤秀次
校異


月報II 内容
 
堀本裕樹 大斎原という空洞
四方田犬彦 声と文様[再録]
紀和鏡 夢の回路─中上健次と私[連載2]
その他写真収録

「中上健次集」全十巻の概要はこちら