2014年11月17日書店発売
(書店での定期購読申込受付中)

 

 
希望の仕組みを提示し、協同と平和を目指して運動する、新隔月刊誌(奇数月中旬発売)
 
No.415 内容

第1特集
シンポジウム 新たな対抗運動の可能性─台湾・ひまわり革命 発言記録
新自由主義の仕業 林暉鈞
零時政府 龔卓軍
群衆は民主主義を入院させる 港千尋
二重のアセンブリ 柄谷行人
ひまわり運動の歴史的経済的制約への一視座 丸川哲史

第2特集
女たちが編む はつらつ地域ネット─長野県上田市 〈農ある暮らし〉 上田モデル
食と農のまちづくりネットワーク・コラボ食堂の五年 古田睦美
風に乗った綿毛のように農を広げたい 清水やよい/食への思いを交換しあえる場をつくる 南洋子・堀越智美/自家製野菜は元気の源 野川啓子/普通の働き方と違うのがかっこいい 宮下淳子/人間交差点で生まれる無限の可能性 久保田美栄子
上田モデル─市民事業ネットワークによる地域づくり 古田睦美
地場野菜と気持ちを漬けて 山崎八重子/食べものは心も体も変える 丹野喜三郎/里山が伝える古くて新しい暮らしかた 小海清二郎、船戸映見/地域通貨は人が信頼でつながりあえる道具 安井啓子/食と農と人びとの伸びやかな関係を紡いでいきたい 伊藤友江
サブシステンス・ワーカーが紡ぐ社会の展望 古田睦美

【連載】
NAMを語る[第二回]内在的闘争と超出的闘争 柄谷行人
[第二回]先住民アイヌの意味 津島佑子
メディア遊動日記[第一回] 青木 理

世界の多彩な協同組合[第二回]沖縄の共同売店 眞喜志敦
商品たちの素姓[第二回]美白化粧品の謎の奥 中野寿ゞ子
女性作家たちの声[第二回]被差別部落問題と向き合う 纐纈あや

【単発】
地域の信用に根ざした事業─ワーカーズ・コレクティブ運動の展望 小熊英二

編集後記、次号予告